短説〈西山正義作品〉

2023年1月29日 (日)

短説「息子の嫁から(そして靖國神社と浅草寺へ)」


息子の嫁から(そして靖國神社と浅草寺へ)
 

            
西山 正義
 
 息子のお嫁さんからまたまた素晴らしい物
が届いた。元日うちの車を使用した際、私の
ETCカードで支払った高速代として京都のお
土産を送ってきてくれたのだ。そんなのはい
いのに。そのつもりで年末に洗車しガソリン
を満タンにしカードも刺しておいたのだから。
でもその気遣いが嬉しいじゃないの。
 小倉山荘のおかきの詰合せ。正月にも百人
一首のカルタあられと京都のお茶に岡谷のわ
かさぎの佃煮を手土産に持ってきてくれた。
昨年のお歳暮には加賀麩汁。小倉山荘といえ
ばもちろん藤原定家の「小倉百人一首」ゆか
りの場所である。平安文学を専攻するお嫁さ
んならではのチョイスであるが、私たち夫婦
が文学を愛好するというのを知ってのことで
ある。還暦を迎える令和五年の正月、年の始
めから雅やかに美味に過ごせている。
 そして十二日、元日と二日に目の前まで行
って参拝をあきらめた靖國神社に詣でること
ができた。ちょうど正午に着いたのだが、外
苑参拝者駐車場にすんなり入れた。まずは拝
殿にお参りし、国の安からんことをお祈りす
る。遊就館に寄り、今年の奉納のための新作
刀剣の展示を鑑賞した。お昼は、遊就館の茶
寮「結」の海軍カレーにするか迷ったが、外
苑休憩所の「靖國八千代食堂」で海老かき揚
げそば(女房は同うどん)をいただいた。
 それから、浅草へ。女房が新春浅草歌舞伎
を観るため、浅草公会堂まで送った。時間が
あったので、浅草寺に参拝し、仲見世通りは
避けて、伝通院通りから浅草公会堂のあるオ
レンジ通りを少し歩いた。浅草一の目抜き通
りである雷門通りのパーキングエリアに待つ
ことなく駐車できたのはラッキーだった。三
年ぶりに行動制限のない正月。浅草はさすが
に賑わいを取り戻しつつあるように見えた。

| | コメント (0)

2023年1月 7日 (土)

短説「富士塚とスンドゥブと壁当て」


富士塚とスンドゥブと壁当て
 
            
西山 正義

 
 千駄ヶ谷の鳩森八幡神社の周辺はむかしか
ら仕事でも馴染みの所だが、よくよく参拝し
たことはなかった。問題は駐車場だが、最寄
りの有料パーキングが空いていた。
 境内に入ればまず目に付くのだが、そうだ
った、富士塚で有名なのを思い出した。寛政
元年(一七八九)の築造といわれ、都内に現
存するものでは最も古く、都指定の有形民俗
文化財になっているとのこと。まずは本殿に
参拝し、富士塚に登頂する。
 将棋堂という六角形の御堂に大きな王将の
駒が祀られているが、なぜと思ったら、日本
将棋連盟の本部がすぐ近くにあるのだった。
初夏には紫陽花がよろしいらしい。
 二時半をすぎた。近くの国立競技場前にあ
るホープ軒が正月もやっているようだ。雑煮
やお節もいいけれど、やはり飽きるもので、
無性にラーメンが食べたくなった。しかし考
えることはみな同じで、長蛇の列であった。
あきらめてまた車を走らせた。
 靖国神社も当然のことながら駐車場渋滞。
神楽坂は車輌進入禁止になっていた。それは
そうだろう。そうやって走っていると、また
早稲田方面に来てしまったが、高田馬場なら
車が停められて食事できるところがあるだろ
うと目星を付けていた。高田馬場は、私たち
夫婦にとって「青春」の場所なのであった。
二人とも早稲田の学生ではないのだが……。
 正月とは全く関係ないが、韓国料理のスン
ドゥブ(純豆腐)チゲ(鍋)の店に入った。
さすがは学生街で、量に比してお手軽な値段
であった。辛い鍋はからだが温まった。
 そして三日。妻は午後から歌舞伎の観劇は
じめに銀座へ。私はソフトボールの投球はじ
めに、ウォーキングを兼ねて少し離れた団地
の公園へ。六十代もこんな感じになろう。

| | コメント (0)

短説「穴と鳩の森の八幡さま詣」


  穴と鳩の森の八幡さま詣
 

            
西山 正義

 令和五年の元日は、ちょうど一年前に結婚
した息子夫婦が京都から年始に来て、合わせ
て娘も呼び、五人でお雑煮とお節を囲んだ。
最後には別棟に同居している私の母と妹も呼
んで、コロナゆえ短時間であるが歓談した。
 五時には家を出、京都に帰る息子夫婦を車
で東京駅へ送った。新幹線乗り場まで見送っ
たのは六時をまわっていた。八重洲の地下に
駐車するのは初めてであった。駅はにぎわっ
ていたが、店はほとんどやっていない。残っ
た妻と私は、めったに来ない所なので少し見
物しようかと思ったが、やはり人混みは避け
たかったのですぐに駐車場を出た。
 東京駅から多摩地区の自宅へ向かって皇居
の北から西側で初詣となれば、一番の候補は
靖国神社である。大鳥居から参道には入れる
ようであったが、拝殿への門はすでに閉じら
れていた。それで、私の生まれ故郷である早
稲田は牛込高田町鎮座の穴八幡宮に参詣した。
 こちらも拝殿前の門は閉まっていた。それ
でも急な階段をちらほら参拝客が登って来て
いた。私の七五三はここでお願いしたのだっ
た。それから五十五年! 六十の本厄だ。
 二日は朝からやはり箱根駅伝の中継を見て
しまう。往路最終の五区に入ったころに妻と
車で出かけた。目的も定めず、とりあえず都
内へ向かった。意外に混んでいた。やはりコ
ロナで東京に残っている人が多いのだろう。
 甲州街道を皇居に向かえば、また靖国神社
である。車はとても停められないだろう。新
宿御苑のトンネルを抜けようとしていたとこ
ろで妻の一言があり、急遽外苑西通りを右折
した。もちろん向かったのは明治神宮ではな
い。知る人ぞ知る鳩森八幡神社である。広く
言えば穴八幡宮と同じ新宿・渋谷エリアでも
こちらは千駄ヶ谷一帯の鎮守。いざGO!

| | コメント (0)

2023年1月 3日 (火)

短説「息子夫婦と娘に(僕の遺言)」


  息子夫婦と娘に(僕の遺言)
 

            
西山 正義

 令和五年の元日、昨年結婚した息子夫婦が
京都から年始に来た。息子は年末から帰省し
ていて、お嫁さんとは大晦日に横浜で落ち合
い、汽笛ボォーの除夜から元旦にかけては横
浜で過ごし、昼すぎにわが家へ到着した。
 それに合わせて、息子の姉にあたる娘も着
ていた。娘はすぐ近くに住んでいる。こちら
も既婚だが、旦那はいろいろ訳ありで年始に
は来ない。いや、うちより先に娘が旦那の実
家に年始に行くべきなのだが、旦那の母親が
感染症病棟の看護師ゆえ、新型コロナ以降そ
の息子すら一度も会いに行けていないのだ。
 たぶん一番そわそわしていたのは私であろ
う。なんとなれば、息子の伴侶は高校の同級
生でもう十年も前から知っているのだが、私
たち夫婦の大のお気に入りだからである。
 元野球部で勉強の方はあまりできない息子
には過ぎたお嫁さんで、たいへん優秀な子な
のである。そもそも私の母校でもある高校に
入学した動機が、図書館が気に入ったからと
いうのだから。そして、平安文学が研究した
くて、東京の出であるがあえて京都女子大学
に進学し、さらに大学院に進み研究を続けて
いる。そんな彼女に合わせて息子の方が関西
に転職し、京都で結婚生活に入ったのだった。
 もしかしたら普通の家庭ではあまり歓迎さ
れないお嫁さんかもしれないが、そこはわが
家なのだ。私も妻も結局のところ文学の仕事
はできないで終わりそうだが、一つだけ少し
は誇れるものに『日本文芸鑑賞事典』第二〇
巻(昭和六三年・ぎょうせい刊)の原稿があ
る。私は本文を書いたとはいえ二作品で、妻
は巻末の「名句名言集」の小文のみであるが、
錚々たる近代文学の先生方と同列に執筆者一
覧に氏名が載っているのだ。この元日、その
本を息子夫婦と娘に伝えることができた。

| | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

短説「令和四年=僕のシニア元年」


 令和四年=僕のシニア元年
 

            
西山 正義

 令和四年の冬至である。今年は二十二日木
曜日。夜八時になって、あわてて柚子を買い
に行った。今、風呂の湯を落している。その
あいだにこれを書いている。浴槽を洗ってき
た。新しい湯を沸かしている。
 女房殿は銀座に歌舞伎を観に行っている。
市川海老蔵改め十三代目市川團十郎白猿襲名
披露公演である。
 キーボードの横で柚子が香っている。高知
県産の食用で、一玉税抜き一五八円也。風呂
に入れるには勿体ない。氏神様の神社に行け
ば、ごろごろ転がっているのを思い出した。
世話人の一人として、新年の御神札一式を授
かりに行かなければならないのだった。
 風呂が沸いたようだ。女房も帰ってきた。
 ――そして、上皇陛下八十九歳のお誕生日
を経て、土曜日のクリスマスイブである。氏
神様に行ってきた。樹齢四百年を超えている
という御神木の藤が有名な神社なのだが、境
内の片隅に柚子の木があり、やはり実がいっ
ぱい落ちていた。六つほど分けてもらった。
この柚子を風呂に入れるべきであった。
 新型コロナウイルスの感染拡大も三年目に
入った西暦二〇二二年は、世界的に見れば、
ロシアによるウクライナへの軍事侵略の一年
だった。今年の漢字には「戦」が選ばれた。
つい最近ではサッカーのワールドカップでの
日本代表チームの活躍で盛り上がった。
 僕にとっては、今年は「シニア」がキーワ
ードであった。ソフトボールを始めてもう二
十二年になるが、満五十九歳になり、シニア
大会に出場できるようになったのだ。この年
齢で「最年少」とは恐れ入ったカテゴリーだ
が、そのタイミングでチームも移籍し、心機
一転、新たな展開を見せ始めた。年が明けれ
ば、本格的に六十代に突入するのだ。

| | コメント (0)

2022年11月12日 (土)

短説「娘が三十、そして三十一に」


 娘が三十、そして三十一に
 

            
西山 正義

 きょうは令和三年十一月十二日、娘の誕生
日である。ついに三十歳になった。自分の子
供が三十になるなんて、かつて想像できたで
あろうか。
 平日の金曜日であるが、仕事明けの日なの
で十時半に起き、娘の郵便貯金口座に祝い金
を預け入れるため出かけた。たまたま母も出
てきたので、母を少し長めの散歩に連れ出す
ために、銀行と郵便局に寄ってから、駅前の
ファミリーレストランでランチをした。母か
らすれば、息子が五十八になるなんて信じら
れないだろう。ここ一、二年で急激に老いた。
眼を覆いたくなるほどだ。孫が三十になるの
だから、それはそうだろうが……。
 と、わずかそこまでしか書けず、この「娘
が三十に」の稿が書き上がらないうちに、娘
はきょう三十一になってしまった。あっと言
う間に一年が経ってしまったわけだ。
 令和元年の暮れから始めた娘の結婚生活は、
東京多摩地区の実家近くに一軒家を借りて、
猫も二匹引き取り順風にスタートしたかに見
えたが、さにあらず、その後旦那が借金を作
ったり、三年間で三箇所目になる職場を辞め
るとか辞めないとか、生活上の揉め事(これ
はまあどの夫婦にも多かれ少なかれあるもの
だが)や精神的なことなど、とかく波乱含み
である。きょう娘の誕生日は土曜日で、夫婦
でどう過ごしているのだろうか。
 二十七歳の息子は、高校の同級生と結婚し
京都の山科に住んでいるが、伴侶が古典文学
を研究しているからで、きょうも「毘沙門堂
門跡に来ました」と紅葉に彩られた本堂の写
真を家族のグループLINEに送ってきた。もち
ろん夫婦仲良く行ったのだろう。それでもあ
した、娘は最近再び始めた琴の演奏会に出る
らしい。母も健在。妻とは仲良く。

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

短説「四十八年目の憂国忌に」西山正義

   四十八年目の憂国忌に
   
(――空白を埋めるための後付け短説)
            
西山 正義

 平成三十年十一月二十五日、日曜日の朝で
ある。本日はもちろん、一般には「三島事件」
より正確には「盾の会事件」と呼ばれる、い
やもっと正しくは「盾の会義挙」と言うべき、
盾の会隊長・三島由紀夫と同学生長・森田必
勝両烈士の殉節日である。
 あれから四十八年。といっても当時は小学
一年生で、リアルタイムにはっきり意識され
たわけではない。それから十年後、昭和五十
五年の「憂国忌」である。十七歳だった。
 この日を僕は一番大切にしている。しかし
毎年、何の行動もできないし、まことに遺憾
ながら、今では遠い日になっている。
 一昨日はこれも我が国にとって大切な新嘗
祭の日であった。この三日間、今年は金・土
・日で、久しぶりに三連休を取った。しかし、
「新嘗を祝ふ集ひ」に参列するためでも「憂
国忌」に出席するためでもなかった。ソフト
ボールの大会に行くためだった。
 地区大会ではなく、東京一を決める都大会。
それゆえ、本来ならもういいおじさんの僕が
出る幕はないのだが、祭日の一昨日は若手の
集まりが厳しく、FP(守備のみ)であった
がレフトでフル出場した。結果は、最後一点
差まで詰め寄ったが負けた。そんなわけで、
今日は試合はなく練習のみだが、これから着
替えて地元のグラウンドに行く。
 このところ、ジャン=ジャック・ルソーの
『孤独な散歩者の夢想』を読みはじめたり、
三一書房の『戦後詩大系』や大手拓次、三好
達治、谷川俊太郎の詩集を読み返したり、昨
日も急に思い立ってヘミングウェイの最初の
短編集『われらの時代(IN OUR TIME)』を
再読し始めたりしてはいるが、読むだけで、
書いてはいない。三島さん・森田さん自決の
日に、何とも情けない限りである。

ブログ:平成30年(2018)11月25日(日)~9:14
短説化:令和3年(2021)5月10日(月)11:30~14:30

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

短説「結婚三十年に」西山正義

   結婚三十年に
   (――空白を埋めるための後付け短説)
            
西山 正義

 平成三十年四月十日、西山正義と向山葉子
が結婚式を挙げて満三十年になった。媒酌人
は明治大学の恩師で文芸評論家の小川和佑先
生・節子さんご夫妻。私は大学を卒業したば
かり。桜満開の神田明神でのこと。
 入籍したのは二日前の四月八日で、満開の
桜に時ならぬ春の雪が降った日であった。私
の二十五歳の誕生日。「昭和」最後の春にな
った。それから三十年ということは、つまり
私も五十五歳になったわけだ。
 結婚記念日を祝う風習は英国発祥とのこと
だが、当初は五年、十五、二十五、五十、六
十年目の五回のみを祝っていたらしい。わが
国でも明治二十七年に明治天皇・皇后両陛下
が「大婚二十五年祝典」を執り行ったことか
ら、いわゆる「銀婚式」が大きな節目として
一般にも著名になったようだ。
 五年前、その銀婚式に、私の仕事が不安定
で遺憾ながら何もできないでいた。その上で
の三十年であるし、何も結婚記念日に旅行し
なければいけないわけではないが、五十もな
かばになり、子供二人も独立したので本来な
らもっと余裕があるはずで、ここは豪勢に奢
ってもいいところなのだが、如何せん私が不
甲斐なく、国内のそれも比較的近い所にしか
行けなかった。ただ正直言って、私が行きた
いと思うのはやはり信濃追分と軽井沢だけだ。
いやほかにも、熊野や出雲や高千穂には行き
たいと思うが、遠過ぎる。いや遠過ぎるとい
うより、第一の目的は、自身のホームページ
の「軽井沢文学散歩」の〈信濃追分編〉を作
りたいがためであった。
 それで、三十年目の結婚記念日を挟んで、
信濃追分~軽井沢をゆっくり散策し、念願の
万平ホテルに泊まり、さらに上田の別所温泉
と善光寺の宿坊に泊まってきたのである。


文学散歩:平成30年(2018)4月15日(日)「西向の山」
短説化:令和3年(2021)5月8日(土)12:00~13:00

| | コメント (0)

短説「母が雪で転倒、骨折」西山正義

   母が雪で転倒、骨折

            
西山 正義

 たまたま家にいたのである。玄関のドアが
強めにノックされた。何事かと、出ると、見
知らぬ女性が息を切らせながら、「……倒れ
ています」と言って、道路の方を指さした。
ただならぬ気配に、そのままサンダルを突っ
かけて女性のあとを追った。
 家の前の道を東へ、一つ目の十字路を右に
曲がって程なく、母が尻もちをついて倒れて
いた。氷の上に。前日は東京にしては大雪だ
った。翌日は朝から晴れて道の中ほどの雪は
解けていたが、畑に沿った脇の方は凍ってい
た。一目で、滑って転んだことがわかった。
 平成二十八年一月十九日火曜日のことであ
る。母は七十六歳。転んではいけないのであ
る。偶然通りかかった介護老人ホームの車が
リフトの座席を降ろして、引き上げようとし
ていてくれたが、母は起き上がることができ
ないでいた。頭は打っていないようである。
 救急車を呼んだ。上着を着、靴を履き替え、
免許証や財布を持って、私も救急車に乗り込
んだ。通報してくれた女性は立ち去っていた。
老人ホームには二日後父と一緒に菓子折りを
持ってお礼に行った。
 結果、左大腿骨頚部骨折であった。もちろ
んそのまま入院で、手術の必要があった。し
かし糖尿病などの持病があり、すぐには出来
なかった。そもそも眼科へ行こうとしていた
のだ。眼科の診断書や持病の診察、経過を見
て、二月二日に人工骨頭挿入の手術を受ける。
 高齢者の骨折は致命傷になる。入院は長く
なった。同じ市内とはいえ、病院はバスを二
つ乗り継ぐ距離。父、私、妹、妻、子供たち
が入れ替わりに見舞いに行った。車椅子生活
になるかと案じられた。幸い、リハビリ病院
への転院は必要なく、五十二日目に退院した。
五月には母一人で通院できるまでになった。


第一稿:令和3年(2021)5月8日(土)7:30~11:00

| | コメント (0)

短説「葡萄の季節に堀内幸枝さんから」西山正義

  葡萄の季節に堀内幸枝さんから
   
(――空白を埋めるための後付け短説)
            
西山 正義

 詩人の堀内幸枝さんから手紙が来た。
 氏からの連絡は、いつも突然でびっくりさ
せられる。ちょうど、私の師で、堀内作品を
高く評価した一人である文芸評論家の小川和
佑先生が亡くなって、この九月二〇日で満一
年を迎えるところであったから。
 そのことともあながち関係がないわけでは
ないのだが、直接には別の用件で、今回はな
んと原稿依頼であった。
「ただ今『葡萄』最終号をつくっております
が」とあり、そこに載せる原稿をということ
なのだが、さりげなく書かれている《最終号》
という言葉にハッとなった。
 堀内幸枝さんが長年主宰している詩誌『葡
萄』は、書肆ユリイカの伊達得夫氏が色紙を
切り抜いて作った装丁で、昭和二九年に創刊
されたのだった。時に幸枝さん三四歳。そし
て平成二七年現在九五歳。誕生日は九月六日
で、という
ことは、九五歳の誕生日の二日後
にお手紙をいただいたわけだ。
 久しぶりに依頼された原稿を書いた。手紙
が届いた一〇日に二枚書き、今日三枚に仕上
げて、夕方には郵便局の本局から速達で出し
た。平成五年秋、甲州一之蔵での堀内幸枝文
学紀行をテーマとした小川ゼミの合宿のこと。
小川和佑先生への供養にもなったような気が
する。私のその原稿では、あたかも小川先生
が今も健在であるかのように描かれている。
もちろん堀内幸枝さんも。いや、堀内さんは
正真正銘ご健在で、だから、最終行は現在形
で締めくくっている。
 堀内さんのお手紙は、とても九五歳とは思
えない、実にしっかりとした律儀そうな楷書
の筆跡で、それは、十代のころせっせと『四
季』に詩を投稿していたころから全く変わっ
ていないのだと思う。


ブログ:平成27年(2015)9月12日(土)~23:15
短説化:令和3年(2021)5月7日(金)24:10~24:50

| | コメント (0)

より以前の記事一覧