創作

2014年5月25日 (日)

短説「お江戸の春」向山葉子

   お江戸の春

            
向山 葉子

 さてさて、帯留はどの色がよかろうか。そ
うさね、吾郎乃丞は紅梅が好みと聞く。まあ
私なんぞは目にも入らなかろうが、そこはそ
れ、心がけだね。ちっと若づくりだが、仕方
ない。お摩耶、あの、こないだ取り寄せたよ
そいき、あれをお貸しよ。何だいけちくさい
ね、いいじゃないかえ、お貸しったら。喜多
川座初顔見世、行かないのだろ。お待ちなの
は蔦屋の貸本、何だね、万丈目殿歌留多合戦、
早う読みたいとそればかり。春だというに、
つれないこと。
 そうそう、義之介は寒稽古、裸足で出かけ
て行ったとか。元気だけが取り柄さね。なに
昼餉を持たずに出たのかえ。では、届けてお
くれ、と婆やにな。ほんにあの子は、剣術、
剣術、そればかり。腕っぷしばかりで学門は
さっぱりさ。さて行く末は、武蔵か小次郎か。
はたまた一国一城お主様か。戦国の世でも、
あるまいに。春だというに、悩みは尽きぬよ。
 お父上はまた書院かえ。何やら書き物をし
ておいでだね。ああ、いいよ、用事があるわ
けじゃなし。お好きなだけお籠もりさせてお
あげ。時時にはお茶を入れ替えてさしあげる
んだよ。ちっとも御出世なさらないお方だが、
そりゃあ私の目算違い。責める筋合いもなか
ろうものさ。
 平穏無事にそこそこ暮らし向きが立ってい
きゃあ、それはそれでお幸せ。だがね、いつ
かは大きく御出世の、時期が来らんこともあ
る。春だからねえ。まだそのうちに、花爛満
に、咲こう時もないじゃなし。
 そうさ、私もな、ええ、まだまだこれから
ひと花咲かそうか。まだまだ春の心持ち。末
は井原か近松か。娘息子に越される前に、ず
ずいと花道渡ろうと。今日も喜多川座へと通
うわなあ。


〔発表:平成20(2008)年1月ML座会/(雑誌未発表)/初出:「西向の山」upload:2009.12.28〕
Copyright (C) 2008-2014 Mukouyama Yoko. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

短説「本を売る」西山正義

   本を売る

            
西山 正義

 文芸同人誌の展示即売会をやるというので、
僕は会を代表して自分たちの雑誌を売りに来
た。久し振りの横浜。潮の香りが懐かしい。
 このイベントは今回で二回目。参加団体が
だいぶ減ってしまった。特に純文学系(この
何々系という言い方は好きではないが)の若
手が主宰する同人誌は、ほとんど僕らが唯一
になってしまった。
 ところで、通路を挟んだテーブルの向こう。
斜め向かいにさっきから気になる女の子がい
る。向こうでもこちらが気になるようで、何
度か目が合う。最近見掛けなくなってしまっ
た昔風の美少女。ストレートの長い髪、端正
な顔立ちに、メガネが良く似合っている。
 しかし、相棒が急に来られなくなってしま
い、僕は持ち場をあまり離れられない。それ
に、会場にはもちろん若い人もたくさんいる
のだが、純文学を書く若手は珍しいらしく、
前回顔見知りになった人たちや、隣合わせた
同人誌の人たちといろいろ話をしていて、彼
女の所へはついに行けなかった。
 ところが、帰りのエレベーターで一緒にな
ったのをきっかけに、お茶でも飲みませんか
ということになって、彼女と今ここにいる。
 彼女の本を買う。個人作品集である。内容
は目録で調べてあった。「私もあなたの買い
たいのですが」「いいよ、あげる」「それじ
ゃあ悪いわ」「いいよけっこう売れたから」
 そんなわけで、僕はさっきから盛んに〈文
学〉の話を彼女にしているのだが、要するに、
「これからランドマークタワーにでも行って
みませんか」ということが言いたいのだ。
「僕も中上健次は好きで」などという台詞で
ナンパする奴がどこにいるだろかと、我れな
がら呆れてしまうが、そんな人種だから貴重
な休日にこんな所に来ているのだろう。


〔発表:平成8(1996)年10月第32回東葛座会/初出:「短説」1996年12月号/再録:「西向の山」upload:2009.12.28/「縦書き文庫」upload:2011.9.9〕
Copyright (C) 1996-2014 Nishiyama Masayoshi. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

短説「木枯らしの街」井上たかし

   木枯らしの街

           
井上 たかし

 鏡の前に立ったN博士は、自分の姿が写っ
ていないことを確かめ満足気に大きく頷いた。
 手を伸ばし実験台の上にあるビーカーを取
り上げる。と、どうだろう、ビーカーが空中
に浮いたまま静止しているではないか。
 次の瞬間ポトリポトン、床に広がる黒いシ
ミ、博士の目からあふれた嬉し涙である。
(ああ、やっと成功した)寝食を忘れ重ねた
努力と歳月、透明になる薬がやっと完成した
のだった。(…そうだ、一刻も早く彼に知ら
せなくては)研究に没頭出来るようにと惜し
みない援助を続け、研究室まで提供してくれ
た友人K氏の許へと博士は急いだ。
 広々とした芝生、大きな噴水のある前庭を
横切り、K氏の住む豪邸を訪れる。いつもな
ら慇懃な態度で出迎える執事も、そ知らぬ顔
でメイド相手に下らぬ冗談を云い合っていた。
(ふふ、やはり見えぬらしい)苦笑を浮かべ
博土はK氏の部屋に入る。むっとする暖房、
ソファに寄り添う二人の男女、ねぱつく会話。
「どうだい、彼の研究の進み具合は、あれが
完成すれば、私はまたまた大儲け……」
「ええ、もうすぐらしいわ、そしたらねえー」
 甘い鼻声でK氏にしなだれかかっているの
は博土の若い妻S子ではないか、そこで博土
は全てが読めたのだ。(おのれ、よくも今ま
で騙し続けてくれたな)こぶしを固め妻の顔
を殴りつけたのだが手応えがない、つるんと
顔をひと撫でしただけのS子。ワイングラス
片手に「少し暑くない」眩きながらバルコニ
ーの扉を開ける。どっと吹き込む木枯らしに
舞い上がる博士(しまった、透明になると重
力も失われるのだった)中空高く吹き飛ばさ
れながら博士はわめく(許さぬぞ二人とも…)
 幼稚園帰り、幼い娘が母を見止げて囁いた。
「ママ、風さん今日は怒ってるみたいな音ね」


〔発表:平成19年(2007)1月関西座会(第5回短説お年玉文学賞受賞)/初出:「短説」2007年4月号/〈短説の会〉公式サイトupload:2011.1.2〕
Copyright (C) 2007-2011 INOUE Takashi. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

短説「コクワガタ」向山葉子

   コクワガタ

            
向山 葉子

 部屋の隅の虫籠の中で密やかな音がする。
娘が道端で拾い上げた、小さなクワガタ。尻
に傷がある。メスは近くで死んでいたという。
そっとのぞいてみる。蜜に顔をつっこんで、
懸命に吸っている。満足すると、のそのそと
立てかけられた棒によじ登っていく。蓋を開
けたら、飛んでいくかもしれない。蓋をそっ
と持ち上げる。が、彼は電灯に脅かされて、
棒をあとずさって、暗がりへと身を隠そうと
している。他には誰もいない籠。ひとりぼっ
ちの土の中へ。
 生殖の道を遮られて、四角い世界の中に存
在する一匹の虫。彼は時にそのとげとげした
足で腹を掻く。甲虫に痒みがあるのかは知ら
ない。あるとしたら、痛みもまたあるのだろ
うか。傷を受けた時、彼は身をよじったろう
か。虫の痒み、虫の痛み、虫の悲しみ、虫の
喜び、虫の悩み。抽象的で現実味がないのを
いいことに、誰も気づかないふりをしている
だけなのかもしれない。
 小さな息子が、虫を弄んでいる。その指が
虫の怒りに触れる。はずみで虫は解き放たれ
る。虫の僥倖。その固い殻から羽を広げて、
飛び立つがいい。私の籠にいたコクワガタの
遺伝子を、次の世代に手渡すがいい。
 翌日、息子がまた庭でコクワガタを見いだ
した。尻に傷。つまみ上げた虫を夫に見せる。
夫は、受け取って、陽に透かしてみる。虫は
足を懸命に動かしている。
 いま、私の部屋の隅に虫籠はない。夫の部
屋でかさこそとささやかな生を営んでいる。
腐葉土を敷きつめられ、蜜をもらい、霧吹き
で水を与えられて。私の部屋にいた時よりも、
もっと居心地のいい籠。独り身の虫、男やも
めの虫。この虫に、夫は愛着を持ちはじめた
ようだ。


〔発表:平成10年(1998)10月第39回通信座会/初出:1999年8月「日&月」第7号/再録:「西向の山」upload:2005.4.8〕
Copyright (C) 1998-2011 MUKOUYAMA Yoko. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

短説「オートバイ」須藤京子

   オートバイ

            
須藤 京子

「ねえ、お父さん。もうすぐお母さんの命日
だね。お天気がよかったら、久しぶりにお墓
参りに行ってみようかしら」
 体を拭いてもらって気持ちいいのか、口を
ぽっかり開けている父に恵子は声をかけた。
「ねえ、お父さん。もうずっと前のこと、私
が高校生の時のことだけど、今でも思い出す
ことがあるんだよね」
 恵子はいつものように、天井に目を向けて
いるだけで何の反応もない父に話しかけた。
 その時、恵子は学校帰りでバスの中から見
るともなく外を眺めていた。信号でバスが止
まった時、その脇をオートバイを押しながら
歩いている中年の女が目に入った。お母さん
に似ているとぼんやり思った。
「えっ。あっ、お母さん、何してるのよ」
 恵子は慌てて次ぎの停留所でバスを降りた。
車道の端を歩く母の姿がだんだん大きくなっ
てきた。ふと恵子の心の中に昨夜帰ってこな
かった父の顔が浮かんだ。母は恵子がそこに
いるのをとうに認めたのか、近付くと何でも
ないことのようにさらりと言った。
「昨日お父さん、O町に泊まったみたいだよ。
あっちの家の前に止めてあったから持ってき
ちゃった。お母さんはこのまま歩いて帰るか
ら、お前は先に帰って、晩ごはんのお米研い
でおくれ」
 恵子は多くの疑問符つきの言葉をのみこん
で、母に言われたようにしようと思った。父
はその晩遅くに戻った。翌朝は恵子が目覚め
る前から、いつもの朝が明けていた。
 そして今、恵子はその頃の母と同じ年令に
なり、父はオートバイに乗れなくなっている。
「ねえ、お父さん。あの時お母さんは……」
 いや。
 もう答えはいらないと恵子は思った。


〔発表:平成3年(1991)1月第5回藤代座会/初出:「短説」1991年2月号/初刊:年鑑短説集〈5〉『螺旋の町』1992年4月/〈短説の会〉公式サイトupload:2009.2.3〕
Copyright (C) 1991-2011 SUDOH Kyoko. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

短説「連凧」檜垣英行

   連 凧

            
檜垣 英行

 三月の半ばのことであった。私はいつもの
とおり利根川の堤へ散歩に出かけた。そこで、
ダンボール箱を側に置き草むらに座っている
一人の人に出会った。箱の中には数十枚の凧
が入っているのが見えた。私が興味を持った
のは、この季節に、しかも白髪交じりの男と
凧の組み合わせであった。
「凧揚げですか」と声を掛けた。
「いやあ、そう思って来たんですが…」と、
照れながら応えた。
「風を待っているのですが、今日は全く風が
ありませんなぁ」と立上がり、遠くを見回し
た。傍らの枯れたススキは微動だにしない。
「子供達に一つずつ作らせ、連凧に仕上げた
ものです」
「なるほど、連凧ですか」
「もう、十年も前のことです。教室の片隅に
取っておいたのですが、私もこの春で退くこ
とになりましたので…」と凧を取り出しなが
ら一枚ずつ開いて眺めた。
 凧は破れたところを修理したらしく、その
部分が際立って白く見えた。
 どの凧にも、『希望』という文字がはみ出
さんばかりの大きさで書かれ躍っていた。そ
れぞれに子供達の名前があった。中には六年
二組とクラス名から書いているものもあった。
最後の凧には、小さくまとまった大人の文字
が見えた。
「全部で四十六枚あります。始末する前に、
もう一度、大空を泳がせてやりたいと思いま
して…」と心の内を明かした。
 私は、十年もの間、保管してきた理由を確
かめたいと思ったが口には出さなかった。
 再び四十六枚の凧が大空を泳いだ時、子供
達の歓声が聞こえてくるのではないかと、私
もそこへ座って風を待つことにした。


〔発表:平成7年(1995)6月第16回東葛座会/初出:「短説」1995年9月号(短説創立10周年記念号)通巻122号/〈短説の会〉公式サイトupload:205.3.24〕
Copyright (C) 1995-2011 HIGAKI Hideyuki. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

短説「鱧」樋渡ますみ

   

           
樋渡 ますみ

 絹子はん。烏丸の楠田はんから鱧やて魚茂
から届いたえ。いやぁ、ええ鱧やわ。夏は、
やっぱしこれやねぇ。生麩の炊いたん有るし、
はよ食べて宇治川の花火見に行きよし。雪江
はんかて千代子はんかて出かけたえ。
 へえ、おおきに。…けど、うちよろしおす。
うちほんまは花火きらいや。美しほど終うと
淋しなって一遍に辛気臭うなるよって。
 へえぇ。そないなもんかいな。そやお礼の
電話入れとき。ええ旦さんや、お金持で男前
で気配りがようて、あんたにぞっこんやし。
 …ぞっこんて、何え? 惚れてるって、何
え? 一昨日お座敷で楠田はん、奥様を空気
のよなもんやて。人さん空気無うたら生きら
れひん。いの一番の誉め言葉ぬけぬけと言わ
はって…。男はんは狡いわ。一番大切なんは
お蚕ぐるみにして、ちゃあんと仕舞うてはる
んや。さやから、祇王さんかて佛御前かて早
々に仏門に入りはってん。うちよりずっと若
うて色恋の果敢なさ悟りはって…。宇治川の
花火と一緒や。あほらし。
 絹子はん、あんたほんま鱧みたいやなぁ。
白うて美しいて美味しいて…。げど油断して
食べとったら小骨が喉に刺さってチクチクし
て敵んのや。…そやし、生きとう中はするり
と逃げていきよるしな。
 うふ。そうかも知れへん。おかあはん上手
い事言わほるわ。流石上七軒志づ乃の女将や。
梅肉作るん手ったお。ああ風鈴の音、ええね
え。ほんまに涼しなる様な気ィするもん。こ
の、気ィするいうのんが大切なんよ。ほんま
に涼しわけや無うても…騙し上手や。
 またそないな、どこぞのおじゅっさんよな
事言うて。仕様むないお人や。
 ほんまやのうても、ほんまやて気ィにさし
て欲して言うてるだけや。……女子やもん。


〔発表:平成19年(2007)8月関西座会/初出:「短説」2007年11月号/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2007-2011 HIWATASHI Masumi. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

短説「コーヒーショップ」木口正志

   コーヒーショップ

            
木口 正志

 ひとりの男がドアを開ける時からそれは始
まる。
 物音がたたず、ドアのノブがきしむ音がマ
スターの注意を引く。男は即座にその店を判
断する。マスターも客も観察する。
 この店は駅の裏にあり、コーヒーだけしか
出さない事で有名だ。
 男は「アメリカン」とカウンターごしにい
う。マスターはすぐさま、サイフォンにあら
びきにしたコーヒー豆を入れ、熱湯をフラス
コ状のビンの中に注ぐ。
 水が上流し、上ビンの中を時計回しにヘラ
で三回かきまわす。
 全ての水が上流し終って、四十三秒。火を
細くして待つ。
 サイフォンを火からおろし、下流を待つ。
コーヒーの温度は百度に近い。あたたまった
カップにコーヒーを注ぐ。
 九十五度に下がる。
 客の前へはこんでゆく。ミルクポットはカ
ウンターの左端に一つ置いてある。砂糖は、
グラニュー糖と茶色のコーヒーシュガーがあ
る。男は砂糖を二つ入れた。八十五度にコー
ヒーの温度は下がる。
 男は手帳を胸ポケットから取り出して、何
事かつぶやき、書きはじめる。
 コーヒーの湯煙が消えている。これ以上時
間がたてばコーヒーはさめてしまう。
 マスターはよごれたサイフォンを洗いなが
ら、男に「はやく、召しあがらないとさめま
すよ」と言う。
 男は手帳をおいて、右手でスプーンをもち
時計回しにコーヒーをかきまぜ、そしてカッ
プのえを右手でつかみ、半回転させてのみは
じめた。
 マスターは「六十度だな」と思った。


〔発表:昭和62年(1987)10月第26回東京座会/初出:「短説」1987年11月号/再録:年鑑短説集(2)『青いうたげ』1988年7月/*編集者の裁量で一部表記の統一と改行を二箇所付加させていただきました。/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.1.1〕
Copyright (C) 1987-2010 KIGUCHI Masashi. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

短説「夢おとこ」坂木昌子

   夢おとこ

            
坂木 昌子

「あなた、共働きだと男性も少しは家事を分
担しないと、奥さんがダウンしちゃうって」
「君ィゲーテはそんなこと言わなかったよ」
「いやだあー、笑っちゃうわァ」
「ソクラテスの妻は、そこで笑っちゃいけな
いノ」
 夢おとことの新婚生活が始まった。以来、
三十年間、貘のように太った夢おとこは、夢
も食べるが、ご飯もいっばい食べる。酒もい
っぱい飲む。
「秀雄も光子も、本人次第だけど、大学ぐら
い出してあげたいわねえ。もう少し月給が、
あがるといいんたけど、お父さん」
「一体、全体、どれだけ必要なんだね?」
「そうね。少なくとも今の二倍」
「そうか……そんなら小説でも書いて、ボー
ンと原稿料でも稼ぐか」
「また始まった。もうすぐ停年ですよ。お父
さん」
 五年後、零細企業なので、二百万円だが退
職金が出た。早速、企業学術委員会とかの電
話がはいった。
「あなたは、当委員会の審査で、講師の推薦
を受けました。当会の講師になりますと、各
中小企業等で経営コンサルタントとして、人
材養成講座の講師が務められます」
「いやあ、私らにゃあ、そんな資格はありま
せんから……」
「私どもの審査会で十分検討した結果、あな
た様の実力なら申し分ないということでして」
 言葉巧みな要請で、四十万円の登録料を振
り込んだ。が、一年たった今も講師の依頼は
一件もない。一回五万円の講師料は……問い
合わせると「何分不況のせいか経費節減で、
企業からの依頼がこないもので……」
 初老になっても、夢おとこであった。


〔発表:平成5年(1993)5月第33回藤代日曜座会/初出:「短説」1993年7月号/
初刊:年鑑短説集〈6〉『函中の函』1993年12月/〈短説の会〉公式サイトupload:2009.2.3〕
Copyright (C) 1993-2010 SAKAKI Masako. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

短説「船」見崎漣

   

             
見崎 漣

「ほら、みて、おふね」
 お菓子の空箱で作った船を、聡は自優げに
祖母に見せる。お世辞にも船に見える代物で
はなかったけれど、祖母はいつも優しく微笑
んで褒めてくれた。
「あらぁ、上手にできたねえ」
 
 聡の家は共稼ぎ。帰りの遅い両親。聡は祖
母のひざに座って、お菓子の空き箱やマッチ
箱で飛行機や船を作るのが好きだった。
 両親の方針で、近所の子供達のように好き
な玩具を与えられた事がない聡は、欲しい物
は何でも自分で作るのが当たり前になってい
た。そんな聡を不欄に思ってか、祖母が与え
てくれた唯一のものがあった。
 それは、五十円の小さなセロテープ。
 すぐに、何でもくっつけることができるそ
れは、聡のもの作りに大活躍していたが、無
駄づかいも多く、一週問ももたなかった。
「おばあちゃん、テープなくなっちやった」
「はいよ」
 祖母は仏壇の引き出しから真新しいテープ
を取り出すと、聡の手に握らせてくれた。テ
ープが切れていたことは一度もなかった。
 僅かな小遣いをもらうようになり、聡の行
動半径が広がると、祖母と過ごす時間やセロ
テープの出番は少なくなった。いつしか、祖
母と話す時間はほとんどなくなっていた。
 あれから二十五年、祖母は今日、小さな箱
に納まり、聡のひざに載って家に帰ってきた。
 祖母がいつもお経を唱えていた仏壇を家族
と共に整理していると、古ぼけたセロテープ
の小さな箱が、引き出しの奥にそっと納めら
れていた。
 テープがボロボロに剥がれかかり、すっか
り色裡せたマッチ箱の船と一緒に……。


〔発表:平成15年(2003)10月木座会/初出:2004年1月号「短説」/再録:2004年5月号「短説」〈年鑑特集号〉*2004年の代表作選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.11.15〕
Copyright (C) 2003-2010 KENZAKI Ren. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧